ITネットワーク・CTIシステム・監視カメラ・コピー機・複合機の導入、ホームページ制作、セキュリティ対策、人材採用・研修コンサルティングなど埼玉県を中心とした中小企業様の悩みを解決していきます。
 守くん product
背景

一世代前のソリューションであるAntiMalware v5 をアークンがリリースした2007年日本国内では ファイル交換ソフト(P2P) が社会問題となっていました。 Winny(ウイニー)や Share(シャレ/シェア)などをはじめとするファイル交換ソフトの利用による情報漏えいや、音楽・映像データなどの違法ダウンロードが相次ぎ、法人組織や社会人の自宅PCにおける対策が急務とされていました。また、当時は、特定の組織やグループ層をターゲットにして攻撃するスピア型のマルウェアが登場し、マルウェアによる金銭的被害も多く発生していました。

その後、クライアントPCに対するセキュリティ脅威は、ボットの潜伏による踏み台被害、 ガンブラー(Gumblar) などの攻撃で改ざんされたWebサイト閲覧による新種マルウェアの侵入、偽セキュリティソフトによる個人情報の漏えい、インスタントメッセンジャー(IM)やソーシャルネットワーキングサービス(SNS)などのコミュニケーションツール経由による企業の機密情報漏えい、AutoRun(オートラン)マルウェアによるUSBメモリ~ クライアントPC~ネットワーク間の大量感染など、次々と多種多様なアプリケーションや巧妙化された手法によって形成され続け、それらは現在も進化中です。

企業の内部統制策が浸透した現在において、クライアントセキュリティは従来のウイルス対策だけでは不十分であり、企業はIT全般統制の観点から、使用禁止対象のソフトウェアを定義し、それらを排除する体制が必要とされています。 これに対して、多くの企業では複数のセキュリティソリューションを次々と導入することで、クライアント統制管理を計ってきましたが、肥大化するソリュー ションとそれらを運用する人材・ノウハウ・リソースのバランスが崩れ、コスト増加の問題を解消できない状況が続いています。さらに消費電力削減のテーマに 追われ、抜本的な見直しが必要な時期であることは否定できません。

一方、日本市場において最も早くスパイウェア対策ソリューションを提供開始した アークンは、このように変動するセキュリティ脅威や社会情勢に対して、常に独自のスパイウェアリサーチセンターにおいて 研究・分析を継続し、日本国内の法人ユーザを狙ったマルウェアや、企業で使用すべきでないセキュリティリスクの高いソフトウェアを中心にデータベース化してきました。AntiMalware シリーズ製品・サービスのユーザ数の増加に伴い、現在、毎日寄せられてくる新たなマルウェアに関する情報はさらに増え続けています。

守くんの概要

Ahkun EX AntiMalware は、アークン独自のマルウェアデータベースを、世界最高レベルの検知能力を誇るウイルス対策ベンダーのデータベースと統合することで、質・量共に海外のデータベースに依存する他社セキュリティベンダーでは対応できない、クライアントレベルの「 不正プログラム対策+使用禁止ソフト対策 」をワンストップで提供できる唯一無二の法人向け IT全般統制支援 ソリューションです。

企業リスクとなり得るファイル交換ソフト(P2P)、インスタントメッセンジャー(IM)、スパイウェア、ハッキングツール、脆弱性のあるフリーウェアなどのソフトウェア を、Ahkun EX AntiMalware クライアントプログラムの包括的なマルウェア対策を実現します。

このように、Ahkun EX AntiMalware で統合された2種類のマルウェアデータベースは、アークン独自の高度な監視強度を誇るスキャンエンジンとシームレスに連携し、マルウェアの実行前にその挙動を感知してプロアクティブにブロックします。

また、Webベースのクライアント管理ツール AntiMalware Manager によって、クライアント統制に必要となる柔軟なセキュリティ運用ポリシー策定や、カスタマイズ可能なクライアント資産管理、マルウェア検知ログやアップ デートの一元管理、レポートやインシデント発生時のアラート機能など、セキュリティ管理者や経営者向けの充実した集中管理機能を提供します。